なんでもシステム管理者(IT大好き?)

なんでもシステム管理者(日本酒大好き)が実質的日本酒のブログになったのでIT関連を分離しました。

リモートデスクトップが繋がらない!! 原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります

 ある時、前日まで普通に繋がっていたリモートデスクトップが繋がらない!!という非常事態が発生しました。下図のようになったんです。

f:id:shimonof13:20181103184614p:plain

幸い?エラーメッセージが具体的(意味は分かりませんが・・)だったので、ググるのには困りませんでした。

 どうやら2018年5月のWindows Updateが原因のようです。

blogs.technet.microsoft.com

 

回避策の一つとして、サーバ側、クライアント側共にWinodwsUpdateを最新にするとのことでした。

 が、既にどちらも最新なのですが・・・つながらない。

 

 

次に、サーバに下記のパッチを当てればよさそうでした。

Microsoft Update Catalog

が、何かしらの環境要因でしょうが、当てれない。

f:id:shimonof13:20181103185751p:plain

 次の手は、サーバ側のポリシー変更です。ただ、この方法はポリシーを緩めることになるので、実施される方はその事を念頭に置いてください。

 

1.「ファイル名を指定して実行」でgpedit.mscと入力し、「OK」をクリックして「ローカル グループポリシー エディター」を開きます。

f:id:shimonof13:20181103185941p:plain

 

2.[コンピューターの構成]
-> [管理用テンプレート]
-> [Windows コンポーネント]
-> [リモート デスクトップ サービス]
-> [リモート デスクトップ サービス セッション ホスト]
-> [セキュリティ]

f:id:shimonof13:20181103190045p:plain

 

f:id:shimonof13:20181103190223p:plain

3.ポリシー名 : リモート接続にネットワーク レベル認証を使用したユーザー認証を必要とする設定を「 無効」にして「OK」をクリック

f:id:shimonof13:20181103190335p:plain

 

これで、無事リモートデスクトップ接続が、またできるようになりました。

やれやれ、最近プチトラブルが多いなぁ。(プチだからまだいいんですけれど(^^;)

 

参考にしたサイト

ygkb.jp


 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集4巻【電子書籍】[ 手塚治虫 ]
価格:864円(税別、送料別)(2019/6/27時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(3)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/6/27時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(4)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/6/27時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(5)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/6/27時点)

楽天で購入

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(7)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/5時点)

楽天で購入

 

WSUS 2016のクリーンアップ

WSUSネタです。

ある朝一昨年に構築したWSUS2016のサーバの容量を何となく確認しました。すると、何とCドライブの容量が・・・残り数MB!!

f:id:shimonof13:20181103180544p:plain

このサーバのCドライブは500GBなんですが、たった2年弱でそんなにも容量を使い切るとは恐るべしWSUS2016!!

緊急措置としてWSUS3.0から持ってきたSQLのバックアップファイルをサーバ外に移動したが確保できたのはたった10GBでした。このままではすぐに枯渇するのは目に見えています。

f:id:shimonof13:20181103180602p:plain

 

 次なる対処をネットで調べてみるとWSUSに付属のクリーンアップツール定期的(一ヶ月?)に実施するようにMSが推奨しているよう。(そうならそうと、インストール時にメッセージ等で促して欲しかった。)以前使用していたWSUS3.0ではこんなにディスクを使うことはなかったので油断していました。今はWindows10の大型アップデートが年に2回もあるので、余計にディスクの消費が大きいのかもしれません。

 

まずは下記サイトに書いてあるWSUSで標準で用意されているクリーンアップツールを試してみます。

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2017/12/05/43/

 

f:id:shimonof13:20181103180940p:plain

しかしNG、クリーンアップツールが起動するが緑のインジケータが半分よりも手前で止まり進まず、最終的にはWSUSの管理画面がタイムアウトしてします。残容量が減り過ぎている場合は、タイムアウトしてしますようです。

 

 次に以下のサイトを発見しました。

WSUS クリーンアップ ウィザードにてタイムアウトが発生する

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2018/02/05/cleanup-timeout/

 

このサイトに載っている対処方法を順に実施

 対処 1. WSUS データ ベースのインデックス再構成を実施する

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2014/03/05/wsus-db/#2

 

Re-index the WSUS 3.0 Database
https://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/6f8cde49-5c52-4abd-9820-f1d270ddea61

上記サイトにWSUSのインデックスを再構成するためのクエリが記載されています。英語ですし、ちょっと分かりづらいので、下図の赤で囲っている部分をコピーしてテキストファイルにして保存しておくと良いでしょう。

f:id:shimonof13:20181103182051p:plain

SQLサーバ上で上記のクエリを実行する(クエリの実行だけで4分以上かかった)

f:id:shimonof13:20181103181432p:plain

クエリーを実行するだけなので、どのデータベースでも良いようです。
 ※SQL Serverに詳しくない方は、詳しい方に尋ねることをお勧めします。

f:id:shimonof13:20181103181450p:plain

f:id:shimonof13:20181103181502p:plain

 

f:id:shimonof13:20181103181517p:plain

 

f:id:shimonof13:20181103181534p:plain

 

その後、クリーンアップツールを実施するが、変わりなし(T_T)

 

次に

対処 2. Powershell より処理を分割して実行する

PowerShellを管理者として実行したうえで、以下のコマンドを順に実行

 ※「管理者として実行」しないとエラーとなって実行できない

 一つ目のコマンド
Invoke-WsusServerCleanup -CompressUpdates

二つ目のコマンド
Invoke-WsusServerCleanup -CleanupObsoleteUpdates

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Windows PowerShell

Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

 

PS C:\Windows\system32> Invoke-WsusServerCleanup -CompressUpdates

圧縮された更新プログラム:11194

PS C:\Windows\system32> Invoke-WsusServerCleanup -CleanupObsoleteUpdates

削除された古い更新プログラム:2483

PS C:\Windows\system32>

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

となり、無事完了したかのように見えましたがHDDの空き容量が約5GBのままで増えていない。

対処 3. 繰り返しクリーンアップを実行する

とあるので

再度クリーンアップツールを実行すると以前は緑のインジケータが半分手前ぐらいで止まっていて、最終的にはタイムアウトになっていたが、順調に進み完了しました。(^_^)

f:id:shimonof13:20181103183250p:plain

f:id:shimonof13:20181103183303p:plain

f:id:shimonof13:20181103183313p:plain

が、確保できた空き容量は約60GB・・・少ない。ディスクの消費を示すインジケータが赤から青には変わったけれど、これでは、またすぐに枯渇するのが目に見えいます。

上司は、「作り方分かっているんだから、でかいディスクで1から作り直せばいいじゃん。」と気軽に行ってくれますが・・・構築はともかく、またMicrosoftからの大量のダウンロードを考えると、どれだけ時間がかかるか分かったもんじゃありません!!

 

ここで考えました。幸い、WSUSサーバはVMWare上に構築しており、物理的なディスクは余裕があります。

そこで、ボリュームアップができないか試してみた。

方法は

 ①VM上の設定でディスクの容量を500GB→1TBに変更

 ②WSUSサーバを再起動

 ③ディスクの管理でディスク0で未使用領域があることを確認

 ④ボリュームの拡張で未使用領域を拡張

 無事、容量を認識、空き容量が564GBに増加 (^_^)

f:id:shimonof13:20181103183837p:plain

 ただ、今後もWindows10の大型アップデートは年に2回あるだろうし、放置すると同じ目に合うことは明白ですので、定期的に不要となったアップデートはクリーンアップしていく運用を予定しています。

なんとかなって、良かったです。

同じ、状況で悩んでいる方の一助になれば幸いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集5巻【電子書籍】[ 手塚治虫 ]
価格:864円(税別、送料別)(2019/7/4時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(6)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/4時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(8)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/4時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(9)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/4時点)

楽天で購入

 

トレンドマイクロ Windows10 October 2018 Update 対応状況

2018/10/10追記

Windows10 October 2018 Update自体に不具合があって配信を停止しているようです。

ですので、当然ですがトレンドマイクロの対応もずれ込みますね(^_^;

www.itmedia.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 本日マイクロソフトからWindows10 October 2018 Updateがリリースされたようです。

 ウィルスバスターCorp.は例のごとく、Winodws10大型アップデートの対応は時間がかかりそうです。

f:id:shimonof13:20181003180531p:plain

Windows 10 対応予定 | トレンドマイクロ

10/3現在上記のリンク先では「確認中」で対応予定は10月中旬となっていますが、これまでも対応は遅れる傾向がありましたので、下旬になるかも?

とにかくウィルスバスターCorp.ユーザは、対応パッチが出て、それが社内で配信されるまではWindows10 October 2018 Updateを適用しないことをお勧めします。

 

ちなみに私が管理しているWSUSには、まだWindows10 October 2018 Updateは届いていませんがマイクロソフトのサイトでは既に下記のサイトで MediaCreationTool1809.exe がダウンロードできるようになっていました。
 ※8月に確認した際には同じサイトでMediaCreationTool1803.exeでした。

Windows 10 のダウンロード

 ※2018/10/4追記
 今朝確認したらWSUSに届いていました。バージョン表記は1809です。

ちなみに一般ユーザ向けのウィルスバスター クラウドの対応情報は見当たりませんでした。

また新しい情報が入ったらお知らせしたいと思います。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集6巻【電子書籍】[ 手塚治虫 ]
価格:864円(税別、送料別)(2019/7/11時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(10)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/11時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(11)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/11時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パスポート・ブルー(12)【電子書籍】[ 石渡治 ]
価格:454円(税別、送料別)(2019/7/11時点)

楽天で購入

 

CubePDF Utilityの使い方

 以前、下記の記事でCube PDFとCube Utilityを紹介させていただきました。

nansys.hatenablog.com

ですが、Cube Utilityの使い方については何も書いていませんでした。ダウンロードサイト

パッと見てわかる! PDF の編集が超簡単に。

とあり、確かに何となく触ってみれば使えるかと思います。ただ「初心者の方でも、そうだろうか?」と思いましたので、サワリの部分だけ使い方を書いてみました。

 

まずは、CubePDF Utilityのアイコンをダブルクリックして起動します。

f:id:shimonof13:20180729123046p:plain

起動すると、画面中央に最近開いたPDFファイルが表示されます。操作したいファイルがこの中にあれば、そのファイルをクリックします。
他のファイルを開きたい場合は「開く」ボタンをクリックします。

f:id:shimonof13:20180729123638p:plain

「開く」をクリックすると下記のような画面になるので、開きたいファイルを選択します。

f:id:shimonof13:20180729123154p:plain

 

開いたファイルの向きを変更したい場合は、変更したいページ(この例では1ページのみ)をクリックします。

f:id:shimonof13:20180729123225p:plain

すると、先ほどまでグレーアウト(押せない状態)になっていた「左90度」、「右90度」のボタンが有効になります。

f:id:shimonof13:20180729123234p:plain

「右90度」のボタンを押すと、下図のように正しい向きになります。

f:id:shimonof13:20180729123241p:plain

次に複数のPDFを一つにしたい場合の操作です。
「開く」をクリックします。

f:id:shimonof13:20180729123249p:plain

開きたいファイルを選択します。

f:id:shimonof13:20180729123300p:plain

すると、CubePDF Utilityが新しく開きます。
ドラッグ&ドロップでページを持っていきます。

f:id:shimonof13:20180729123312p:plain

すると、もともと1ページだったファイルが2ページになりました。

f:id:shimonof13:20180729123325p:plain

「開く」のすぐ上のボタンをクリックします。

f:id:shimonof13:20180729124818p:plain

「名前を付けて保存(A)」をクリックします。

f:id:shimonof13:20180729123346p:plain

ファイル名を入力して「保存(S)」をクリックします。

f:id:shimonof13:20180729123356p:plain

 

以上で完了です。

 

まだまだ色んな機能があるので、どんどん触って覚えましょう!!

 

 

良かったら、こちらもどうぞ!!

「なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

「なわん13」というアカウントでツイッターしています。新しい記事をアップした際にお知らせしますので、良かったらフォローしてください。

twitter.com

 

 

 

 


 

Thunderbirdでメールが消えた!! 場合の対処

 先日、私の同僚の女子社員から悲鳴が上がりました。悲鳴と言ってもゴキブリが出た訳ではありません(^_^;

 Thunderbirdの中で新しいフォルダを作成して移動したところ・・・突然消えてしまったそうなんです。メールは3か月分に関してはバックアップを取ってあるのですが、その社員は勤続約10年、大事な業務メール10年分がロストしてしまった!!昨年の夏にPCをクリーンインストールしているので、その際のバックアップはあるのですが、3か月分のバックアップと合わせても、数か月分のメールが足りません・・・

 ネットで調べてみたところ、どうやらT時々、発生するhunderbirdのバグのようです。「消えた」と言うのは実は正確ではなく、正しくは「見えなくなった」つまりThnderbirdの持つインデックスが部分的に消失しただけのようです。ですので、ちゃんと、復旧するための「おまじない」が用意されていました。

 

「おまじない」は以下の通りです。

1.メールが消えたフォルダを右クリックでメニューを表示し、「プロパティ」をクリックします。

 

f:id:shimonof13:20180412104131p:plain

 

2.「フォルダのプロパティ」が開くので、そこで「フォルダーを修復」をクリックします。

 

f:id:shimonof13:20180412104058p:plain

3.操作は以上で完了。しばらく待てば、消えたメールが復活!してます。もし、うまく復活しなくて、フォルダ名を直前に変更していた場合はフォルダ名を元に戻してから、再度上記の操作をすればうまくいくかも知れません。

このバグを大量のメールを一気に移動しようとすると発生するようです。大量と言っても何通が大量になるのかは分かりませんが、まぁ移動する場合はある程度分けた方が無難かと思います。

このページにたどり着いた方は、おそらくメールが消えたという現象に遭われたのでしょう。無事メールが復旧することを祈ります!!

 


 

 


 

対応しました!! Winodws10 Fall Creators Updateに ウィルスバスターCorp.

 Winodws10 Fall Creators Updateに中々対応していなかったトレンドマイクロのウィルスバスター コーポレートエディションですが、ようやく対応パッチが公開されました。(12/7)

詳細は下記のサイトをご覧ください。

Windows 10 対応予定 | トレンドマイクロ

しかし、対応までが長かった・・・変にアップデートするマイクロソフトが悪いのか、追従できていないトレンドマイクロが悪いのか分かりませんが、振り回されるユーザーは大変です。

それと、トレンドマイクロに要望があります。パッチをリリースする際には、差分の最小限のパッチだけでなく、従来のパッチも包括したパッチも同時リリースしてほしいです。諸事情により、パッチがリリースされる度に当てているとは限りませんので!!

Windowsの不調は Shift + シャットダウン で解決!!

 パソコンの不調には大きく二つの要因があるかと思います。

それはハードウェアに依るものとソフトウェアに依るものです。

ハードウェアの不調=故障がほとんどかと思うので接触不良等以外の原因の場合はほぼ故障したパーツを交換するしかないかと思います。

 ただ、身の回りで起こる不調の大半はソフトウェア起因だと思います。(システム管理者の経験から)で、お手軽な解決方法としては、ずばり『再起動:』です。実際、身の回りで何か不調を訴えられた場合は「再起動試されました? やってなかったら一度再起動して様子を見てください。」で、解決する場合が結構多いんです。

 でも、中には現象的にほぼソフトウェア起因と思われるのですが再起動で治らない場合があります。そんな最悪は復元ポイントで正常動作していたタイミングに戻す、と言うのが次の手で、それでもだめなら『クリーン インストール』という奥の手だったのですが、これは全データのバックアップから、業務が可能な環境に復旧するという、かなりの手間が必要となります。

 そんな折、もう一つの復旧方法があることを最近知りました。それはShiftキーを押しながらシャットダウンをする。ただ、それだけです。

 「ほんまかいな!!」と思われるかも知れませんが、実際、この方法で結構うまくいってます。実例で言いますと

 ・何故か、あるPCではUSBデバイスが認識できない。

 ・ウィルスバスターの定期スキャンがいつまでも終わらない。

と言った現象が、この方法で治っています。

と言う訳で、なんかパソコンが調子悪い~!!と言う場合は、一度Shiftキーを押しながらシャットダウンをしてみてください。この操作が実際に何をしているのかは不明ですがソフトウェア的なゴミを削除しているような気がします。そのためか通常のシャットダウンよりも時間がかかってました。おそらく、シャットダウンの過程でゴミのスキャン、削除をしているのではないでしょうか?

 

あなたのパソコンが復旧することを祈ってます(合掌!!)