読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(IT大好き?)

なんでもシステム管理者(日本酒大好き)が実質的日本酒のブログになったのでIT関連を分離しました。

買っちゃいました!! Amazon Fire TV Stick

 以前、AmazonのPrime会員になってFireタブレットを買ったことを書きましたが、その際に「Amazon Fire TV Stick」も欲しいと書きました。

 で、タブレットも十分お安く買えたのですが、母の日限定でさらにお安く買えたので、同様にTV Stickも割引しないかなぁ、父の日にしてくれるかなぁ~と期待していたのですが残念ながら父の日には割引はありませんでした。

 ちなみにTV Stickのお値段は¥4,980と元々お値打ちです。AndroidのスティックPCでも安いもので1万円程度かと思うのですが、やっぱり安く買いたい(^_^; まぁ急いで必要というものでもないのでのんびりと構えていました。そこにやってきたのがPrime Dayです。朝一番に何気にAmazonを見ると、んんと「Amazon Fire TV Stick」がお安くなっているではありませんか!!思わず「ポチっとな」してしまいました。

 

 そしてさらに驚いたのが、残業して帰宅すると朝頼んだばかりの「Amazon Fire TV Stick」がもう届いているではありませんか!!東京23区内ならともかく、ローカルエリアでも当日中に届くとは・・・・恐るべしAmazon。配送業務の方はさぞかし大変だろうなぁ・・・。

 本来なら疲れているので風呂とごはんが終わったらすぐにでも寝たいところですが、誘惑に耐え切れず、早速セットアップしちゃいました。まぁセットアップと言っても大したことはありません。極端な話、TVに接続して無線LANの設定をするだけです。タブレット同様、購入者のアカウントはセット済みで送付されるようです。

 ここのところ時間がなくてAmazonビデオを見ていなかったのですが、タブレットやPCのブラウザで見ているときに不満がありました。一つはタイトルがまだまだ少ない。これはおいおい解消されると思っていました。もう一つは検索機能が使いづらい!! ところが、「Amazon Fire TV Stick」ではかなり使いやすくなっています。(タブレットでも変わっているかも?)またタイトルも明らかに増えています(^_^)

 かなり以前に「オンデマンド ビデオ」という言葉を聞いた時には理論的にはもちろんできるだろうが、ネットの帯域や処理能力の点で現実的は無理だな、未来の夢物語だな、と思っていたのですが、いつの間にか現実になっていました。普通にTV番組やビデオを見る感覚で見れます。

 う~ん、便利な世の中になりましたね(^_^)これでまたレンタルビデオに行く機会が減るかも? 通勤経路にあったビデオ屋さんが閉店になったのも、こういうサービスの影響かも知れませんね。

 いかん!寝不足になりそう(^_^;

 

復活して欲しいなぁ!! Googleのキャッシュ

 いつ頃その機能がなくなったのか記憶にないのですが、昔々、というほどではありませんが、以前はGoogleで検索すると「キャッシュ」というリンクボタンが各検索結果についていました。

 これの何が良かったかと言うと、閉じてしまったサイトや削除された記事が見れたんですよね。

 先日調べ物をしていて検索結果を見に行こうとしたら「お探しのページはありません。」のようなメッセージが出て、それを見てふと思い出しました。

 まぁ検索先を全て保存するには膨大な量のストレージが必要でしょうし、ダウンロードで使用する帯域もハンパではないでしょうね。現実的に「もうムリ!」となったのでしょうね。

 新たな検索先は無理でも、また見たいとか仕事上有効な情報と判断したら、ツールなりブラウザの機能を使うなりしてローカルに保存するべきかも知れませんね!!

便利です!! SnippingTool(すにっピングツール)

皆さん、パソコンの操作説明書を作成されることはあるでしょうか?

私は仕事柄、時々あるのですがパソコンの説明に欠かせないのが操作中のキャプチャ画面です。

従来、画面をキャプチャするにはPrintScreenボタンを押して画面をクリップボードにコピーして、ペイント等で編集/保存していましたが、いつの頃からか?もっと便利なツールがWinodwsに標準搭載されていました。

 それが「SnippinngTool」です。PrintSceenでもアクティブ画面はAltキーを押しながらすれば限定して取れる等の機能はありましたが、それ以上の機能はありませんでした。実際に手順書を作る際にはアクティブウィンドウだけでなく範囲をもう少し広げたい場合があるのですが、SnippingToolを使用すれば、範囲の選択は自由自在です。

 

〇Windows10の場合

f:id:shimonof13:20160710181137p:plain

 新規作成をクリックすると画面全体がグレーアウトっぽくなるので、キャプチャしたい範囲を左上から右下までマウスでドラッグすれば、ペーストされています。その後はファイルに保存するなり、ペイントに貼りつけるなりして使用できます。

f:id:shimonof13:20160710181455p:plain

f:id:shimonof13:20160710181506p:plain

 

Windows8.1の場合

f:id:shimonof13:20160711123915p:plain

Windows10と同様です。

f:id:shimonof13:20160711123929p:plain

 

Windows7の場合

f:id:shimonof13:20160711124011p:plain

Windows7のみ起動した段階で、「新規作成」モードに入っています。後は同じです。

f:id:shimonof13:20160711124022p:plain

 

SnippingToolで多少?手順書の作成が楽になりました(^_^)

無線LAN プロファイルの管理

Windows8.1では無線プロファイルの管理方法です。

 (他のWondowsでも同様かも知れませんが未確認です。)

 

プロファイルの表示をするにはコマンドプロンプト

C:\Users\(ユーザ名)>netsh wlan show profiles
とすると、今までに接続したことのある無線LANが下のように表示されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターフェイス Wi-Fi のプロファイル:

グループ ポリシー プロファイル (読み取り専用)
---------------------------------------------
    <なし>

ユーザー プロファイル
---------------------
    すべてのユーザー プロファイル     : WING-XXXXXX
    すべてのユーザー プロファイル     : jXXX_3f_cfrm
    すべてのユーザー プロファイル     : xxxxx-WLAN
    すべてのユーザー プロファイル     : xxxxxxxka
    すべてのユーザー プロファイル     : 8F-2.4GHz-xxxx
    すべてのユーザー プロファイル     : 9F-2.4GHz-xxxx
    すべてのユーザー プロファイル     : xxxxx-ICOM
    すべてのユーザー プロファイル     : 7F-2.4GHz-xxxx
    すべてのユーザー プロファイル     : 082shimono の iPhone
    すべてのユーザー プロファイル     : xxxxxx_iPad
    すべてのユーザー プロファイル     : xxxxxx13
    すべてのユーザー プロファイル     : Gxxxxxxai
    すべてのユーザー プロファイル     : Kxxxxxxx8B
    すべてのユーザー プロファイル     : Xperia Z_4c99
    すべてのユーザー プロファイル     : ixxxxx
    すべてのユーザー プロファイル     : ixxxxx6

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それにしても、いろいろと接続してるもんですな(^_^;

プロファイルの削除は下記のようにします。

 

C:\Users\(ユーザ名)>netsh wlan delete profile name="Xperia Z_4c99"
プロファイル "Xperia Z_4c99" がインターフェイス "Wi-Fi" から削除されます。

宿泊先での接続等、この後使う見込みがなければ、部屋の片づけと同様、捨ててさっぱりした方が良いかと思います。断捨離ですね、中々自分自身できていませんが(^_^;

 

なってしまった!! Prime会員  買ってしまった!! Amazon Fireタブレット!!

 皆さん、Amazonのサービスは利用されているでしょうか?Amazonには『プライム会員』という特権階級が存在します(笑)以前はこのプラ イム会員、注文した物がすぐに届く、ぐらいの認識でしたので、わざわざ年間¥3900払うことはないな、という感じでした。ただ、お試し期間で1か月間は 無料でプライム会員になれますので、Amazonで買い物の際にお試しで入会したことがあります。でも、しっかりと1か月になる前に解除して、費用が掛か らないようにしていました。

 Amazonでの買い物は時々なのですが、ふと気が付くとまたお試しでプライム会員になれることに気づきまし た。通常、何かしらの有料サービスでのお試し体験は一回こっきりかと思うのですが、どうやらAmazonのプライムは一度お試し体験をして解除しても、あ る程度の期間(どれだけかは不明)を経過すれば、またお試しができるようになっているようです。

 そんな訳で、3度目のお試し期間を体験 中、Amazonビデオやらミュージックのサービスが使えることに気づき家でパソコンを触っている間のBGMに使ったり、古く懐かしい映画を見たりして、 結構つかっていました。(ただビデオもミュージックも検索機能はダメダメで、ビデオも本数的にはまだまだかなぁ~)

 で、取りあえず1か月ギリギリまでプライムを解除せずに楽しませてもらおう、と思いながら、本会員になってもいいかなぁ???などとしているうちに、「あれ?一か月が過ぎていました(^_^;

 まんまとAmazonの罠にはまってしまいました。

課 金されたのなら、使わなきゃ損損!!と使っていると、Fire タブレット 8GBが¥8,980で、なんとプライム会員は¥4,000引きとのこ と!!! つまりタブレットが¥4,980で購入できる!!! しかし、私はどっちかと言うとiOS派で、仕事でもプライベートでもiPadiPhoneを使っています。だけど・・・・安い!!!評判を見ても多くを望まなければ、コストパフォーマンスは結構良さそうです。私は購入してから気づ いたのですが、注意点はマイクロSDカードは128GBまでの物が使用可能ですが、Kindle本の保存は内部メモリにしかできないという点です。つまり ビデオやミュージック主体の用途であれば、問題はないかと思いますが、電子書籍リーダーとしてガンガン本を詰め込みたい!!という用途にはNGかと思いま す。

 まぁ、私はkindleにしいてもkoboにしてもiPad Airをメインに使用しているので問題はありませんでしたが。

 とにかく安さにつられてFireタブレット買っちゃいったのです。物欲に負けました(^_^; このプライム会員の割引ですが、一人一回しか使えないようです。まぁそうでないと転売に使う輩がガンガンでるからでしょうね。

 実は、もう一つ?欲しいものがあります。それは、「Fire TV スティック」という物で、テレビのHDMI入力端子に突っ込んで、Amazonビデオやミュージックを楽しめるというシロモノです。要するにスティックPCのAmazonカスタマイズ版ですね。これがあると、テレビの大画面で、オンデマンドでビデオや音楽が楽しめるんですよね。その昔?「オンデマンドビデオ」の概念を知ったときは、そんなもんインターネットのスピードでできる訳ない、遠い未来の絵空事やな!と考えていたのですが、まさか自分が生きているうちに実用されて、自分が使うことになるとは、当時は夢にも思っていませんでした(^_^)

  この商品、¥4,980と決して高価な物ではないので、買おうと思えばすぐにでも買えるのですが、せっかくプライム会員になったので、会員向けに割引クーポンが出たら買おうかな!と考えています。実際、発売当初はプライム会員向けに、かなりお安く売っていた見たいですし。Amazonさん、早くクーポン出してね!!

 

  2016/5/11 追記

ちなみに先日の母の日には¥3980で売ってました!!ショック!!
父の日にはFire TV Stickがお値打ちにならないかなぁ~(^_^)

 

アンテナ 二股分配器(ケーブル付) テレキング用に買いました!!

 先日、自宅の無線LANをリプレースしました。ずいぶん前に某量販店で安売りしていたので購入し、忙しいのと、なんだか気が乗らずにほったらかしにしていたのですが、ようやく重い腰を上げました。購入したのは無線LANルータなのですが、アクセスポイントモードでも動作するので、私はアクセスポイントモードで使用しています。

 購入した無線ルータですが、価格が安いこともあったのですが、「テレキング」というUSB型の地デジが付属していたことも決め手になりました。その「テレキング」にはロッドアンテナも付属しているのですが、到底そんなものでは電波は拾えませんでした。で、ロッドアンテナではなく通常のアンテナ線も接続できる変換アダプタが付属しているのですが、つなぐためにはアンテナ線を分岐する必要があります。幸い無線LANルータの設置場所近くにビデオがあったので、そこから分岐すればいいのですが分配器が必要です。近所のホームセンターに見に行くとあるにはあるのですが、お値段が・・・高い!!

 で楽天でこんなの見つけました。2分配で分配側にはケーブルもついています。今回の用途にピッタリです。おまけに送料込みで安い。ただメール便なので今必要!と言った場合には不向きですが、今回は別に急ぎでもないのでポチッとして数日すると無事、我が家のポストに投函されていました(^_^)

 

 

 ホームセンターのおよそ1/3の価格でした。ネットショップが安すぎるのか?、ホームセンターが高すぎるのか?

 とにかく、無事に分配でき、心配していた信号レベルの減衰も画像を見る限りは大丈夫で、当初の目的のiPadでテレビの視聴もちゃんと見れています。ただ、チャンネルの切替が遅いのは、まぁ本物のテレビではないのでしょうがないのでしょうねぇ・・(^_^;

ちなみにiOSのアプリは「テレキングmobile」です。

この分配器を使い始めてからしばらく経ちましたが、問題なく使えています。

 

「テレキング」の方もちゃんと動いています。テレビそのものではないので、チャンネルの切り替えが遅いとか、微妙なところはありますが、まぁこんな物でしょう(^_^)

 

ちょびっと!! セキュリティ意識 そのさん ~HDDの暗号化~

 画面をロックしてようが、プライバシーフィルターをしてようが新幹線の中などで席を外す際にノートパソコンを置き去りにすると、盗まれる可能性はあります。本当はトイレに行く時も、ノート用のサブバッグなんかで持ち歩けばいいのですが、「なかなかそこまでは・・・」という人も多いでしょう。

 そして盗まれた時に、実は被害が大きいのは「情報」ではないでしょうか?私物のノートパソコンでもそうですが、仕事で使用している物であれば、その「情報」のロストもダメージがあるかと思いますが、実はもっと怖いのは「漏えい」ではないかと思います。企業機密や個人情報がもし、悪意のある者に漏れたら・・・下手をするとPCを取られた人がクビになるどころか、会社そのものに大損害を被ったり、極端な場合は会社の存続が危ぶまれるかも知れません。

 そんな時に役立つのが「HDDの丸ごと暗号化」です。企業のPCでパスワードをかけずに使うなどあり得ないと思いますが、パスワードは攻撃によってクラックされるかも知れません。よしんばパスワードが破られなくても、PCからHDDを取り出して他のPCに接続すれば、データは抜き取られます。ただ、「HDDの丸ごと暗号化」がされていれば、HDDを抜き取られても、データを抜き取られる心配がありません。

 「HDDの丸ごと暗号化」のソリューション(製品)は色々あります。経験のあるところでは

 McAfee Endpoint Encryption

 BitLocker

と言ったところです。他にもいろいろあるようです。

McAfee Endpoint Encryptionは名前の通りマカフィー社(今はインテルに買収されてます。)のソリューションです。BitLockerはMicrosoft製でVistaWindows7時代にはEnterprise EditionというProfessionalよりも上位のエディション(高い!!)にしか実装されていませんでしたが、Winodws8、8.1、10ではProfessional Editionから実装されています。個人向けの製品ではProfessional Editionもない場合もありますが、会社で使用する場合はProfessional Editionは珍しくありません。

 決してMicrosoft大好き人間ではないのですが、Bitlockerには大きく2つのメリットがあります。

 1.安い!というかOSに装備されているので追加の費用がいりません。

 2.OS標準なので安定性(が期待できる?)
   ()書きが付いたのはまだBitLockerの運用実績がさほどないからです。McAfee以外のサードパーティ製品は使用したことがないので他に関しては明言できないのですが、HDDを丸ごと暗号化するという事を(ちょっと表現は悪いのですが)無理やりするためにMBRマスターブートレコード)というHDDの特殊なエリアにプログラムを書き込んでいるため、トラブルが時々あります。もちろん復旧のための手順は用意されているのですが、管理者もユーザーも面倒な物なんです。そんなことから、やはりOSに初めから実装されているのは安心なんです。

まぁ、無くしたり、盗られたりしないのが一番なんですがこんなご時世、やっぱり用心が必要なんでしょうね・・・