なんでもシステム管理者(IT大好き?)

なんでもシステム管理者(日本酒大好き)が実質的日本酒のブログになったのでIT関連を分離しました。

気をつけて!! ソフトバンク光のおうち割の適用

 いや~っ、契約を変更した際にはよく注意が必要ですね。

なんのことかと言うと、ソフトバンクスマートフォンユーザが家のインターネット回線を「ソフトバンク光」に変更した際の特典の一つ「おうち割」のことです。

 私は携帯は長らくソフトバンクを使用していて、インターネット回線はフレッツだったので、Yahooからの案内の電話でポイントがもらえるだの、スマートフォンの月額料金が安くなるだのとの案内をもらいフレッツからソフトバンク光に変更しました。
 と言っても電話をもらってすぐに変更した訳ではありません。と言うのは、Yahooのオペレータさんの言うにはスマートフォンの月額料金が一律¥1500割引きになるとのことでしたが、私は携帯ではそんなにパケットを使うわけではないので、2Gの安いプランで契約しています。果たして、その安いプランでも¥1500も割引されるのか?と疑問だったからです。で、調べてみたら案の定、最大で¥1500引きで、2Gバイトプランの場合は¥500引きでした・・・。

 後日、再度の電話でキッチリ確認すると「申し訳ありません、お客様のおっしゃる通りです。」と詫びを受けました。¥500引きと¥1500引きではかなり違いますが、私名義のスマートフォンが2台あるので、トータル¥1000引きでポイントももらえるので結果的には契約しました。

 「がっ!!」話はこれで終わりではありませんでした。スマートフォンの月額値引きは「おうち割」と言うのですが、これには適用条件がありました。適用の必須オプションとして「光BBユニットレンタル」+「Wi-Fiマルチパック」+「ホワイト光電話」セットで税抜き¥500が必要だったのですが、Yahooのオペレータさんからは、その説明がありませんでした。私はルータも無線APも自前で用意しているので「光BBユニットレンタル」と「Wi-Fiマルチパック」は不要としていました。

 結果、数か月の間、適用されていると思い込んでいたのですが、思わぬところで未適用が発覚しました。それは、使用しているiPhone6をiPhone7に機種変更の申し込みをソフトバンクショップに行った際に、契約状況を確認して分かりました。はぁ~・・・
まぁ結果オーライでショップの人が対応してくれて、「おうち割」を適用してくれて、未適用期間分も対応してくれることになりました(^_^)

 そして、さらに新たなお得情報がありました。私の妹家族もソフトバンクユーザなので、「家族」の登録をしており名義は私名義でなくても、家族分も適用できるとのこと。ただ、名義が違うので、各名義ごとに157に電話して申し込む必要があるようです。ショップに名義人が行っても手続きはできそうだが、レアケースでショップもよくわからない場合が多いそうなので、157で電話するのが確実とのことでした。

 その際の注意点として

  ・家族がソフトバンク光に加入して「おうち割」が適用されるようになったと伝える。
  ・おそらく?ソフトバンク光の「カスタマーID」が尋ねられるので、家族に伝えておく。
  ・他の割引が適用されていると同時に適用できない場合があるので、どちらを有効にした方がいいか確認してもらって、お得な方にする。

 

 また、Wi-Fiマルチパックの無線LANの機能は光BBユニットに含まれるのですが、ソフトバンク光のカタログには無線LANの規格が最新のIEEE802.11acなのか、一つ前のIEEE802.11nなのかが書いていなかったので、このオプションを申し込む際に尋ねたのですが申し込み窓口では分からないとのことで、技術サポートに電話を回してもらったのですが、このサポートがダメダメで、会話の感じからして「IEEE802.11ac」とか「IEEE802.11n」という言葉さえ知らない感じでした。で、丁寧に聞きたいことを説明すると「お調べします。」とのことで電話が保留中に自分で解答を見つけました(^_^; 下記のURLです。

www.softbank.jpここの「接続イメージ」のところで「※IEEE802.11ac/aでの通信は光BBユニット(E-WMTA2.3)をご利用の場合のみ対応となります。」とありました。つまりレンタルされるユニットが現時点(2016年12月)で最新のE-WMTA2.3であればIEEE802.11acであればOKです。幸い、送付予定の機種は最新の物とのことですのでacが使えそうです(^_^)

 

教訓!! ソフトバンクに限らず電話サポートの担当者には当たり外れがあるので、内容はよく確認すること!!ですね。お得になったつもりで変わっていなかったり、下手すると損してる場合もあるかも知れません。技術的な話で自信がない場合は良く知ってる知人を頼りましょう。そんな知人がいない場合は・・・頑張って勉強してください(^_^;

 

 

良かったら、こちらもどうぞ!!

「なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)